「はじめに」

 

JUGGLING JAM SESSION(ジャグリングジャムセッション)とはMDFダンススタジオが2013年大阪でスタートさせた

1on1形式を基本としたジャグリングバトル大会です。
ジャグラーが1対1でDJによって選曲される曲に合わせて1ムーブづつ踊り合います。

ジャグラーには何の曲がかかるかはわかりません。勝敗は審査員による話し合い又は挙手によって決まり、予選を経てトーナメントを勝ち進む競技です。

 

※予選多数の場合は、オーディション形式によるパフォーマンスによるピックアップ方式。

 

 

-ジャグリングバトル-

 

ジャグラーが1対1でDJによって選曲される曲に合わせて1ムーブづつジャグリングし合います。 
ジャグラーには何の曲がかかるかはわかりません。 
勝敗は審査員による挙手又は話し合いによって決まり、予選を経てトーナメントを勝ち進む競技です。

 

-現在行われている主な部門-

 

「1on1ボール部門」

 

ボール状の道具を使ったパフォーマンスならなんでもOK!
ボールジャグリング、コンタクトジャグリング、スピニングボール、フリースタイルバスケ、フットボール、玉乗り、4つ玉など...

 

「1on1ディアボロ部門」

 

ディアボロを使ったパフォーマンスバトル。
ディアボロを活かしていれば他の道具を使用してもOK!

 

「1on1フリースタイル部門」

 

道具を使ったパフォーマンスならなんでもOK!(その大会で他の道具の部門が行われている場合その道具を除く)
ボール、リング、クラブ、ディアボロ、デビルスティック、シガーボックスをはじめ、
ポイ、けん玉、ピザ回し、ペン回し、フリースタイルボール、縄跳び、ヌンチャク、太神楽、トランプなど...

 

※ファイヤーバトル以外での火の使用、危険な道具、床を著しく傷つけたり汚したりする道具は禁止です。

 

-予選-

 

オーディション形式で行います。 
DJの流す曲に合わせ、一人1ムーブずつジャグリングを披露してもらい、 
本戦トーナメント出場者を審査員による話し合いで選出します。

 

※バトル内容により細かいルールは変化します。
※エントリーが少ない場合予選は行いません。
※順番はクジで決定します。

 

-本戦-

 

予選通過者によるトーナメント戦。 
一人1ムーブずつ終わった時点で曲が変わります。(2ムーブ以上の場合)
勝敗は審査員による挙手で決定します。

 

※トーナメントの順番はクジで決定します。

 

-曲-

 

DJがランダムに選曲します。
HIPHOP、HOUSE、FUNK、R&B、ELECTOROなど様々な音楽が流れます。

 

-ジャッジポイント-

 

以下の5つの項目を基準に判定します。

1.ジャグリングのスキル
2.音楽との同調性
3.オリジナリティー
4.パッション
5.バトルの駆け引き